お悩み解決☆アラフォーに役立つ豆知識サイト

合コンで圧勝する方法教えます。極めよ!「トーク」と「おさわり」 できしな第4話

2018/05/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^

あらすじ

桜井(徳井義実)の元カノ・エリ(松井愛莉)の出現に気が気でないみやび(中谷美紀)は、朝から十倉(藤木直人)をつかまえて報告する。若くてかわいく、圧倒的な押しの強さで男を落とす…十倉いわく「ストロングスタイル」のエリ。ショックで戦意喪失したみやびに渇を入れた十倉は、トレーニングとして連日連夜合コンするよう命じる。

みやびは過去の経験上、実は合コン受けに自信があった。

夜、みやびは「とくら」で、偶然桜井に会う。

そこに突然エリが現れる。天真爛漫でパワフルなエリに圧倒されるも、やる気が沸いたみやび。クリニックのナースたちと一緒に合コンへ参加するが…。

その後十倉は、みやびに「十倉流・合コンの心得」を伝授。みやびは、諒太郎(瀬戸康史)が集めた男性たちを相手に、再び合コンにチャレンジする。

解説

「ストロングスタイル」

いわゆる、肉食系女子。狙った獲物は逃さない、恋愛に積極的な女性の事です。合コンに参加してこの手の女性がいると、普通女子達は戦意を喪失し、戦線離脱する事が多くあります。

みやびは過去の経験上、実は合コン受けに自信があった。

アラフォー女性が20代の頃は。

美人・かわいい・若い

という特徴があればたいてい『合コンの花』として、ちやほやされていました。

その経験をひきずったまま30代に突入するのですが、たいてい、30代に入ると、合コン自体開催されなくなり、仕事も多忙を極めるため、30代の合コン需要がそもそもどれくらいあるかもわからなくなります。

そして、いざ、久々に参加をしようものなら、20代と30代女性への周りの扱いにギャップがあって驚く!という事態に陥ります。

そう。

「合コンうけに自信がある」と言えちゃうみやびは現実を受け止めていない典型、「過去の栄光」をひきずるアラフォーにすぎないんですよね。

『若さ』という誰もが平等にもっていた武器は30代にはもうありません。

美人・かわいいという武器があればそれなりに戦えるかもしれません。

でも、それだけでは戦力としてはもう弱いのです

むしろこのドラマでも言う通り『美人・キャリア・アラフォー』は男性がひいてしまう、いわゆる『恋愛弱者』として合コンでもてないのです。現実をうけとめつつ、アラフォーは合コンに参加しなければいけないのです。

それでは、必見!

今回の十倉の格言と「十倉流・合コンの心得」のご紹介です。

スポンサーリンク

合コンで圧勝する方法・心得 「トーク」と「おさわり」を極めよ!

合コン。

複数の男女が出会う場所。

初対面の男女が限られた時間のなかで知り合いになる特性上、どうしても毎回きまった流れになります。

十倉はそれを「ベルトコンベア的流れ」と説きます。

自己紹介→幹事との関係の確認→彼氏はいるのか→趣味は何なのか→ほぼ聞かれる事は同じ

お約束にのっとり探りを入れた後、誰をどうねらうか決めていきます。そのため、対策が練りやすく、男性にどうすればもてるのかの練習にもってこいの場所であるという事です。十倉は場数を踏んで、『この女を落としたい』と思えるように自分を磨き上げろと言います。

トークを極めよ

『台本』を用意し、質問にたいする切り返しのパターンを用意しておけば合コンを楽しむ事ができます。

例えば

男性「年齢はいくつ?」女性「四捨五入で30歳♪」(実際は35歳)

男性「彼氏どれくらいいないの?」女性「3か月プラス900日♪」

男性「結婚願望はあるの?」女性「結婚はまだいいかな!って思ってたのが5年前♪」

など。

会話を準備をせずにチャレンジし、とっさに出た言葉のおかげでお相手に「ないな」と思われたらそこで終わり。

せっかく出会っても発展しないのです。まずは入口に入り、そこから深く自分を知ってもらわなければ何も始まらないのです。

おさわりを極めよ

みやびが十倉の前で合コンでどうふるまうか「おさわり実践」の練習しているとき、男性にしなだれかかり、膝に手をのせて見せます。

それをみた十倉は「キャバクラか!」っとつっこみます。最近ではそんな古典芸はキャバクラの女性はするのでしょうか??

よくある恋愛マニュアル本には。

「自然なタッチが男性ドキドキさせる」とありますが自然に男性に触れるって、どうすればいいんでしょうね?

・ソフトビンタ:軽口をたたいた相手のほほをピシャリ、たたく『ふり』

・どっこいしょタッチ:トイレに行くときなど立ち上がる動作時、軽く肩を支えにする

・アニマル餌付け:男性の服の動物がらにからむ

など。

アラフォーの大人女性としての貫禄をみせる。

それは『とぼけた切り返し、自然なおさわり』といった高度な技を繰り出すことで若い女性との差をうむことです。

 

私の場合

確かに。

この「合コンの流れ」というのはどんな規模でも一緒でした。出会う人々が違うだけですね。そしてお決まりの2次会はカラオケコース。居酒屋からカラオケの正味、3時間前後くらいで得られる相手の情報なんてたかがしれています。

だから。

とりあえず連絡先でも交換しておこうとなりますが。

私、自分がねらった男性から連絡先を求められた事がありません・・・。。。

連絡先交換をする相手はま~~ったく興味のない男性ばかり。当然、交換するにはしますが当時はLINEなどはなく、メールで数回ラリーしてあとは自然消滅。なんの発展もしませんでした。。。トホホ

 

今振り返ってみると。そりゃそうだ!なところばかりですね!

なぜなら

『興味のない男性』に対して「トークを極め・おさわり」を繰り出す。

意識していない男性だから自然な切り返しができる、意識していないから勝手に手がでておさわりができる。

意識している男性には『なんちゃってストロング女子』で美人でもないのに、美人のふるまいをし、好かれようとしすぎて会話は空回り、おさわりなんかできない遠くの距離。。

こりゃ、発展しません(泣)

あのころの私にいってやりたい「あんた、ちゃんと台本用意しときなよ!!」って。

検証結果:合コンの心得 「トーク」と「おさわり」を極めよ!は本当だった

 

それでは次回5話をお楽しみに

5話はこちらからどうぞ^^

 




「できしな」挿入歌のこだわり 第4話 抱きしめたい  Mr.Children

Mr.Children(ミスターチルドレン)は、日本のバンド。略称「ミスチル」。所属事務所はエンジン。所属レコード会社はトイズファクトリー1992年5月10日デビュー後、数々のヒットを生み出しました。

抱きしめたい は、Mr.Childrenの2枚目のシングル。1992年12月1日に発売後、当時はまったく話題にならずラジオで紹介される位でした。もともとは友人の結婚式で披露するために作った曲だったそうです(結局、披露はされず)。

1996年に放送されたフジテレビ系テレビドラマ「ピュア」(和久井映見が知的障害者役。相手役は堤真一)の最終回で、挿入歌として使用。カップリングの主題歌「名もなき詩」(10枚目シングル)が大ヒットしました。

当時の高校生たちの間では。

『男子が歌うと女子を落とせるラブソング』として定番中の定番でした。歌が多少へたでも男子がこの歌を歌うと、女子は歌詞に聞き入ってしまうような、甘く切ない素敵なラブソングです。結婚式の披露宴ソングとしてご存じの方も多いのではないでしょうか?

私はいまだにこの曲を聴くと、高校の頃を思いだして胸がキュンキュンします(笑)

リンク動画はこちらからどうぞ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 庶民アラフォーまめちねっと , 2016 All Rights Reserved.