アラフォードラマ

ドラマ【フェイクニュース】徹底解説・後編のあらすじと感想。ネタバレあり

こんにちはアラフォーまめです

アラフォーまめ
前後編の2話しかないのに10話分みたような印象を受けるドラマだ・・・

びる
息つくヒマがない・・

 

フェイクニュース

NHKで放送された、前後編のスペシャルドラマです。

 


 

脚本家:野木亜紀子さん


ザ・テレビジョンより引用

お得意の

張り巡らされた伏線の回収と、どんでん返し

が、1時間の中にギュウギュウにつめこまれた展開でした。

 

アラフォーまめ
ハラハラがとまらない・・

 

見どころは『現実とリンクするリアルなネタをふんだんに取り入れている事』

 

ネットに携わる人には

あるある

知らない人には

そんな世界なの?

 

どこまでが本当でどこまでが嘘(フェイク)か、感情移入しまくり。

 

ドラマが終わったあとに、

アラフォーまめ
あ、これフィクションだった・・・

と気づく始末。

 

それくらい、丁寧に取材を重ねて作られたドラマだな、と、思います。

 

 

さて。

前置きはこれくらいにして

後半戦。いったい何が嘘で、何が真実だったのか?

ドラマをみていきましょう


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="3273124662"
data-ad-format="link"
data-full-width-responsive="true">


 

キャスト

 

脚本:野木亜紀子(のぎあきこ)


 

 

音楽:牛尾憲輔(うしお けんすけ(agraph(アグラフ)


 

 

出演:北川景子(きたがわけいこ)

東雲樹(しののめいつき)/イーストポスト記者


 

 

光石研(みついし けん)

猿滑(さるすべり)/青虫ツイートした男


 

 

永山絢斗(ながやまけんと)

西剛(にしつよし)/東日本新聞社の社会部記者。樹の元同僚


 

 

矢本悠馬(やもと ゆうま)

網島史人(あみしまふみと)/イーストポスト若手記者・樹の同僚


 

 

新井浩文(あらい ひろふみ)

宇佐美寛治(うさみかんじ)/イーストポスト編集長。樹の上司


 

 

岩松了(いわまつ りよう)

八ツ峰航平(やつみねこうへい)/老舗お菓子会社の社長。猿滑の上司


 

 

杉本哲太(すぎもと てった)

最上圭一(もがみけいいち)/ 元官僚で県知事選の立候補者。樹の新聞記者時代のセクハラ相手。


演出:前編=堀切園健太郎、後編=佐々木善春
制作統括:土屋勝裕
プロデューサー:北野拓

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


フェイクニュース後半あらすじ

 


「嘘の情報を流していたのは誰なのか?」

ネットメディア「イーストポスト」の記者である東雲樹(北川景子)は拡散を続けているフェイクニュースの出所を探ろうとする。

嘘のニュースを作ったのは誰なのか。

そして、その情報を拡散させたのは誰なのか。

樹が取材を進める中、事態は思わぬ方向へと展開していく。

何が本当で何が嘘かもわからない世界の中で、樹はフェイクニュースに立ち向かい、事実をつかみ、伝えることができるのか。

一連のフェイクニュース騒動の果てに、樹が見つけた真実とは?!

NHKホームページより引用

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">



 

ドラマ『フェイクニュース』の放送日、再放送、見逃し配信

 

『フェイクニュース』放送について!

 

本放送:NHK総合

 

前編
10月20日(土)21:00~21:49

後編

10月27日(土)21:00~21:49に放送

 

再放送:NHK総合

 

10月20日の前編を見逃しちゃった人、残念ながら再放送は終わっています・・・

前編再放送

10月25日(木)午前1時~1時49分(水曜深夜)


 

後編の再放送はまだ間に合います!

後編再放送

11月1日(木)午前1時~1時49分(水曜深夜)

 

※放送日は突如変更や休止、訂正が入る場合があります

 

見逃し配信

 

アラフォーまめ
結局、再放送見逃しちゃった!

 

フェイクニュースはNHKドラマです。

NHKオンデマンドで配信されます。

 

アラフォーまめ
じゃ、NHKオンデマンドを登録・・・

びる
ちょっとまった!

 

NHKオンデマンドを観る場合

見逃し放題パック月額972円が必要

さらに

単品216円が必要になります

 

アラフォーまめ
た、高い・・・

 

インターネット動画配信サービスはいろいろありますが

フェイクニュースはNHKオンデマンドのほかに、U-NEXTでも配信されます。

 

アラフォーまめ
月額料金かかるんじゃないの??

 

 

びる
通常は月1990円だよ~

 

ところが。

U-NEXTは31日間無料お試し期間があります。

さらに

トライアル登録をすると、600円のポイントがプレゼントされます。

1話216円×2話=432円

前後編、ポイント内でみることができてしまいます。

 

アラフォーまめ
お得!

アラフォーまめ
んじゃ、U-NEXTにしよう

 

登録はこちらから↓


※※※※※※※

前編は2018年11月11日 23:59まで配信中です

※後編はこれからの予定。配信され次第追記します

※※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトでご確認ください

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


みんなの声

 


 


 


 


 


 


 


 


 

アラフォーまめ
へ、編集長!!
びる
新井さんが嘘サイト暴くシーンめっちゃよかった・・・

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


ドラマ『フェイクニュース』を観た感想 ~Hagex(ハゲックス)氏追悼~

 

アラフォーまめ
結果、なんとなくみんなおさまったな・・・

 

完璧に全て納得のいくような終わり方ではなく
  • 暴かれた大物政治家→失脚せず、任期継続
だったり、
  • 猿滑→家に戻らずホームレスとして暮らしている
とか、

ちょっとホロ苦いエンディングです。

 

アラフォーまめ
これがまた、リアルっぽいんだよなあ・・・

 

勧善懲悪

的なドラマではなく、

『現実だったらこんな結果だろうな』

という想像力を掻き立てます。

 

また、今回特に面白かったのは

ネットでの炎上(真実が嘘になり、ウソが本当になる)について、可視化されたこと。

 

抗議デモのくだりなんか、

まさに

アラフォーまめ
ああこうやって、事件が起こるんだろうな・・・

なんて思ってしまいました。

 

あまりにリアルな内容に、

誰がこのドラマの考証に参加しているんだろう・・・

と思っていたところ、

 

Hagex(ハゲックス)氏 殺害事件

2018年6月24日(日)20:00頃、福岡市中央区の旧大名小学校のトイレで、ITセミナー講師の岡本顕一郎さん(Hagex氏41歳)が亡くなった事件。

松本英光容疑者(42歳 / 無職)はインターネット荒らしや誹謗中傷をする書き込みを多数しており、周囲から『低能先生』と呼ばれ、岡本顕一郎さん(Hagex氏)にも批判されていた

 


アラフォーまめ
あの事件からもう4か月もたったのか・・・

びる
ネットでの恨みがリアルに反映された事件でだいぶ話題になったよね

 

このドラマに、まさかあのHagex氏本人が協力していたのです!

ビックリです!!

2月ごろから考証のため、打ち合わせを重ねていたそう・・・

 

アラフォーまめ
ネットでの炎上の仕方とか拡散の考証がやけにリアルだと思った・・・

 

改めて、ご冥福をお祈りします。

 

だからこそ

 


 

誰かを罵倒する前に、まず落ち着こう

というこのシーンがすごく心に響きました

 

色んな人の意見や立場があります。

 

昔は新聞やラジオの投書→情報が精査されて、統制されていた

今はツイッターやブログなど→多数が多数の意見を自由に発信

 

今やSNSで個人の意見を気軽に発信できる時代になりました。

 

 

そんな時代だから、

誰かが精査してくれる時代じゃないから、

自分が発信する情報や意見は

『感情を入れず、一呼吸おいて、落ち着く』必要があると思います。

 

また

ドラマを前後半みていて、怖かったのは

  • 真実がねじまげられる
  • 人は真実ではなく、欲しい情報しか受け入れない
という点

 

いくら真摯に取材をして裏付けをしても、

真実の記事よりフェイク(盛ったりウソの情報)がおもしろければ、

人はそのフェイクを真実と思ってしまう事。

 

 

アラフォーまめ

真実を事実として受け入れない

そんな恐ろしい事ないよね・・・


 

でもこれは今の時代に始まった事ではなく、

昔から延々と繰り返されてきた事なのです。

 

だからこそ、脚本家の野木亜紀子さんは言います

 


 

寓話であってほしい

と言いつつ、

サブタイトルに『あるいはどこか遠くの戦争の話

という意味深な言葉を投げかけています

 

私は

この物語は実際に起こっている可能性あるんだよ

という意味と捉えました。

 

アラフォーまめ
伏線はりめぐりすぎ!

 

本当によくできたドラマです。

 

ネットでお仕事や情報を発信する人には

歴史に残る教科書ドラマ

だと思います。

 

熱くなってしまったときはこのドラマをみて、

今一度、クールダウンしようと思いました。

 

めっちゃ勉強になりました!!

前半の感想はこちら


 

アンナチュラルの続編も期待しています!!

 

 

んじゃまたね^^

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
アバター
アラフォーまめ
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^