Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お悩み解決☆アラフォーに役立つ豆知識サイト

慶くん(はなわ兄弟のいとこ)尾崎豊の死の真相発言でファン賛否両論!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^

こんにちはアラフォーまめです

アラフォーまめ
ぞわっとした・・・

 

本日(2019年2月21日)のアウトデラックス

はなわ兄弟のいとこ『慶くん』


 

この方。
始め話を聞いていた時は

アラフォーまめ
ふ~ん(極度の尾崎ファンかな?)

くらいの目線でみていたのですが。

 

後半。
尾崎の死の真相を話し始めた時、

アラフォーまめ
(ぞわわ)

話に引き込まれてしまいました・・・

 

びる
キャラ的にアウトだから?

 

いえいえ。

久しぶりにあの話を思い出したからです。

 

尾崎豊さん


 

私達アラフォー世代には『10代のカリスマ』と言えば

アラフォーまめ
尾崎!

とすぐ浮かぶ、熱狂的な存在です

 

アラフォーまめ
カラオケで歌うたいながら涙流したよね・・

 

そんな尾崎さん

亡くなり方が衝撃的過ぎて、いまだ多くの謎を残しています

 

アラフォーまめ
いまだ気持ちの整理がつかない・・・

 

私が当時住んでいた地域は尾崎豊さんが亡くなった地域に近く

当時大騒ぎになっていました。

 

尾崎が最後に発見された「尾崎ハウス」


※小峰忠雄さん宅。6畳間を解放し数万人の尾崎ファンが訪れたが既に解体済み

 

私は当時高校生でしたが
  • お葬式の日には尾崎ファンの友達は学校を抜け出し参加
  • お葬式にいけなかった友達は授業中ずっと泣きながら尾崎の曲を聞く
 

そんな思い出があります。

 

アウトデラックスに出演した、はなわ兄弟のいとこ『慶』くんは

そんな尾崎が「マネジメント」するといった人だそうです

 

アラフォーまめ
どいうこと!?

 
  • 尾崎豊報道された死の状況と慶くんの話に賛否両論!
  • 慶くんが発した尾崎豊の最後の想いとは?
をまとめてみました

 


 

はなわ兄弟のいとこ慶くんのプロフィール

 


 

名前:慶(はなわ兄弟のいとこ)
性別:女性。今は男性
年齢:44歳
結婚:既婚。2児の母(中3と高2の息子)
特技:勘(霊感がつよい)

 

アラフォーまめ
勘・・・?

番組ではと頻繁に言っていました。
おそらくテレビ的に『霊感』とは言えなかったと思われます。

 

慶くんは子供のころから勘が強いようで
  • なくしたものがどこにあるかわかる
  • 宮崎駿のインフルエンザを予言した
  • 電車から降りる人が気配でわかる
  • 保育園で先生が退職することを予言
など

何かが降りてきてわかるそうです

 

アラフォーまめ
それってイタコ・・・?

 

イタコとは?

イタコは、日本の北東北(東北地方の北部)で口寄せを行う巫女のことであり、巫の一種。 シャーマニズムに基づく信仰習俗上の職である。
Wikipediaより引用

簡単に言えば、

霊を体におろし(よりつかせ)、その霊が発する事を口から言葉にして人に伝える

という役割ですね。

 

アラフォーまめ
よりつかせる・・・

 

スポンサーリンク

尾崎豊とリンクがすごい・・・勘だけどね

 

アラフォーまめ
勘というか、、、憑依??

 

 

尾崎豊とのリンク

 

雰囲気がよく尾崎に似ていると言われる慶くん。

はなわつながりで芸能人に会うことも多いそう。

尾崎の妻・繁美さんとも会った事がある!
しかも2回も偶然に!

との事。

アラフォーまめ
まあ、芸能界にいとこがいれば会う事もあるでしょうが・・・

それが。。。

 

10年位前から「尾崎豊」が降りてきちゃう。
尾崎に「マネジメントしてやる」と言われた(幻聴)

 

アラフォーまめ
マ!?

 

一生懸命尾崎から逃れていたけど、
あまりにも周りから尾崎に似ていると言われ続け、
2年前、幻聴も聞いた事であきらめて(尾崎を)受け入れる事にした。

 

そんな中で、実在する尾崎の妻に会っているのです・・・

 

アラフォーまめ
うっそだあ

 

こんなエピソードを披露していました

 

1繁美夫人と連絡先を交換する時の尾崎リンク

尾崎の妻、繁美夫人と初めて会った時

慶:アデランスの番号とか教えるんでしょ~?

と冗談を言ったら、

繁美:初めて旦那と出会った時に、電話番号聞かれてイヤだったからアデランスの電話番号を教えたの!

 

びる
冗談言うにしてもアデランスつながりって・・・

アラフォーまめ

 

2夫婦しか知りえない呼び方をした

慶くんは繁美夫人に初めて会ったにもかかわらず

繁美=しーちゃん

と呼んだところ、

繁美:夫婦二人だけの呼び方で「しーちゃん」「ゆうちゃん」と呼んでいた

 

アラフォーまめ
ヒヒい

びる
偶然偶然

 

3尾崎豊の親友の名を当てる

尾崎の親友
練馬にいる不動産屋:松浦さんは、はなわ弟(ナイツ)さんともお友達だそうです。

 

もちろん慶くんは松浦さんを知りません。

慶:「松浦?名前は「かつとし」→かっちん」、じゃない?

まず

はなわさんは苗字しか伝えていないのに、

名前を正確にあてたことに驚きます。

後日。

松浦さんにはなわさんがあだ名を尋ねると、

尾崎から「かっちん」と呼ばれていたことが判明!

アラフォーまめ
ヒヒヒい

びる
偶然、、ぐう・・

 

4尾崎家との共通点

 

びる
まだあんの!?

 
  • 慶さんの本家が岐阜
  • 尾崎豊の本家も岐阜
 
  • 慶さんの祖父が尺八の師範
  • 尾崎豊の父も尺八の師範
 

アラフォーまめ
もはや親戚レベル・・・

アラフォーまめ
もうNHKのファミリーヒストリーでちゃえば・・・

 

おまけ
  • 慶くんの最近好きになった食べ物:チーズバーガー
  • 尾崎の好物:チーズバーガー
 

びる
もうええわ!

 

慶くんはこう言います

たぶん、
年号変わる前に尾崎が伝えたいことがあるんじゃないかな

 

びる
尾崎の代弁者…

 

スポンサーリンク

尾崎豊とは?

 


名前:尾崎豊

生年月日:1965年11月29日
出身:東京都 世田谷区
身長:178cm
学歴:青山学院高等部中退
職業:シンガーソングライター
父親:元陸上自衛隊の尾崎健一
妻:尾崎繁美
子供: 尾崎裕哉
発見場所:東京都足立区 1992年4月25日

 

 

スポンサーリンク

尾崎豊死の真相

 

いまだ多く謎が残る尾崎豊の死。。。
振り返ります!

 

報道が伝えた尾崎の状況

 

1992(平成4)年4月25日午前5時45分ごろ、尾崎は自宅マンションから約500m離れた足立区千住河原町の民家の庭で転倒全身創痍・全裸のままで住人に発見される。

 

119番通報で墨田区内の白鬚橋病院に搬送、診察を受けるが、妻・兄と共に自宅マンションに戻る。だが、10時ごろに容体が急変、呼吸停止したため、11時9分に119番通報。

搬送先の日本医科大学付属病院で治療を受けるが、午後0時6分に死亡する。

 

死因は、致死量の2.64倍以上の覚醒剤 (メタンフェタミン)のオーバードーズ(多量摂取)による肺水腫と診断される。

 

東京都文京区の護国寺で執り行われた葬儀・追悼式におよそ4万人が参列。

 

HEALTH PRESSより引用

 

アラフォーまめ
あの日の事は今でも覚えている・・・

 

謎1・はっきりとした死因がわからなかった

 

発見当初は、事件性がないため行政解剖が行われる予定でした。

しかし

全身にすり傷があり、右目の上にコブもあることから、千住署、警視庁、検察庁が協議の末、司法解剖に切り替わります。

結果、東京監察医務院の医師らが検視・解剖。

死因は肺に水がたまる肺水腫であると発表されるのですが・・・

 

2年後の1994年判断が覆る!

なんと、「死体検案書」のコピーがマスコミに流出します。

びる
そんな事あるの!

検死を担当した司法解剖医の支倉逸人によれば、

死因の肺水腫の原因が覚醒剤中毒である事実は伏せられていたうえ、内臓も覚醒剤を経口摂取した形跡があり、肺にも覚醒剤中毒の症状があったのです。

 

アラフォーまめ
覚せい剤・・・

 

謎2・他殺説

 

自分で飲んだのか、飲まされたのか

致死量の2.64倍以上の覚醒剤(54万円分)を『経口』つまり、口から入れた事になります。

さらに、遺体には全身に多数の擦過傷と打撲傷がありました

ただし、

検死した支倉逸人によれば、暴行によって生じる傷害と異なる状態であり、頭部の外傷性くも膜下出血も極めて微量の出血のため、死に至るほどの重症ではないと結論。

 

また、覚醒剤の致死量は個人差が大きく、薬殺の手段として用いるには酒と同じくらい不確実性が高いそうなんです。

支倉逸人『検死秘録』より
 

謎3・自殺説

 

2011年11月10日発行の文藝春秋に「遺書」全文が公開されました

びる
遺書あったんだ・・・

 

ですが。

衝撃的な死から20年近くたってからの公開

尾崎の父・尾崎健一さんも、尾崎の遺書である事に疑問をもちました。

 

びる
謎だらけや・・・

 

結論として尾崎の死因は、
  • 重症外傷による心不全や脳の損傷
  • 肺の毛細血管の損傷
  • 薬物
  • 覚醒剤の加熱吸引など
これらが

複合して症状が重なった結果、と結論づけられました。

 

アラフォーまめ
これだけ体が弱ってたら・・・

びる
ムムム・・・

 

スポンサーリンク

文藝春秋12月号が発表した尾崎豊死の真相(2011年11月)

 

雑誌が報じた尾崎の死の真相は以下です

 

あの日、尾崎は後楽園の近くで夫人とパーティーに出席。パーティーが終わった21時半ごろにホテルの喫茶室へ行くと、そこで偶然に旧友と鉢合わせる。尾崎は子供ように喜び、「遊ぼう、遊ぼう」とはしゃいだという。ここで夫人と別れて、尾崎は旧友たちと芝浦のバーへと飲みに繰り出している。そこで日本酒を水のようにガンガンと煽り、かねてより報じられていたように酒癖の悪さが出る。

 

芝浦のバー店内で、通りかかった店員に殴りかかり、仲間たちが慌てて尾崎を制止したという。既に尾崎の目は据わり、いつもの酒乱のケが出始めていたという

 

日付が変わって午前1時30分頃、芝浦のバーを出てタクシーに乗り込む。ここでも尾崎はタクシーの運転手に絡んでいる。「今、通り過ぎた牛丼屋に戻れ」と尾崎が言うも、「Uターンは禁止だから」と断わったタクシー運転手に腹を立てなじったという。尾崎は運転手に「お前もカネかッ!」と叫んでは車内に一万円札をばら撒き、運転席を後部座席から蹴飛ばした。

 

午前2時40分頃、タクシーの運転手は溜まりかねて千住橋派出所に駆け込んだ。ここで警察官の立ち合いの元、尾崎は運転手に謝罪。料金を支払い、和解もしている。尾崎は警察官に笑顔で敬礼すると、くるりと背を向けて、ふらふらと闇夜の中へと消えていったという。

 

それから約1時間ほど尾崎の足取りは分からなくなる。次に目撃情報があるのは、後に尾崎ハウスとしてファンの心を受け入れた民家、Kさん宅の庭先の付近という事になる。

 

ブロック塀に頭突きをかましている不審な男として尾崎の目撃情報があるという。推測が含まれる部分になると、尾崎は何故かKさん宅の庭先に侵入、そこで転がりまわり、全ての衣服を脱ぎ去り、セカンドバッグの中身をぶち撒けた。セカンドバッグの中には、現金で二百万円、それと名刺類が入っていたが、それらをぶち撒けた。転げ回りながら回想でもしたのか、名刺を並べたりしている。そして夫人と手を組んで写っている写真をボロボロになるまで眺め続けていたらしい。

 

早朝5時、Kさんが庭先で倒れている全裸男に気付き、警察に通報。午前6時頃に尾崎は病院に運ばれる。病院から電話で連絡を受けた夫人が病院へ向かう。そこには日本酒の匂いで満ちた病室で、覚醒剤に溺れていた頃と同じ不思議な仕草をしている尾崎を見つける。「覚醒剤、やったの?」と尋ねると、尾崎は「やってないよ。病院で鎮痛剤の注射を打たれたら、こうなったんだよ。あの医者、オレに変なの打ちやがって」と返答。病院は「脈も体温も正常です」としか答えなかったという。

 

夫人は尾崎を引き取って、7時半ごろに自宅へ到着。そこには実兄やマネージャーも駆けつけていた。そして午前10時少し前、尾崎の目は一点を見つめたまま、動かなくなった。瞳孔が開いていた。マネージャーが慌てて心臓マッサージらしきものをすると、尾崎は手を振り上げ、ぐるりと回すような仕草をして、その手が夫人の頬を叩いた。夫人が「痛いっ!」と声を上げると、尾崎は微かな声で「ごめんね….」と呟き、そのまま、逝った。

 

2011年・文藝春秋12月号より引用

 

 

慶くんが伝えた尾崎豊の死の真相、完全文字書き起こし

 

大前提として

でもこれ『勘だからね』

というテイストでお読みください

びる
信じるか信じないかはあなた次第・・・

(あの日尾崎豊は)バーに誘われた。相手は言えない。複数の人

 

やっぱり世の中お金なんだよね。
どこいってもお金がつきまとうって言うか。

その~(はあ)なんていうの、あー、そう、なんだろう。。

僕すっごい酔っちゃって
尾崎がスゴイよっちゃって

最初は楽しかったんだけど、

色んな事があって普通にタクシーにのって帰ってきて
あ、それまでの間に俺結構色々な事があって、
のがれのがれタクシーに乗りました。

そしたら。

タクシーの運転手に「どこどこへ行って」言ったの。
なのにタクシーの運転手がすっごいぶっきらぼうに「あーそっちですか」って言ったんだよね。そしたら、それは、遠回りになるからお金かかりますよーって言ったの。

 

尾崎さんが最初にちゃんとした行先をいえばよかったの
尾崎さんが場所を変更したの

 

そして運転手がブチ切れたことに対して、尾崎さんがブチ切れちゃって
んで後ろからすっげえバコンバコンけっちゃったの運転手さんを(蹴った)。
んで、ここでいいから降ろしてって降りたんだよな

 

降りた時に家があって壁があって
なんかね自暴自棄っていうんですか、みたいな感じで
「ああ俺やっちゃった~」

ってそんとき。

お父さん、とか家族の顔が浮かぶんですよ。
『また酒でやられやがって』っていう。

ああ、どうしよう、どうしようって思って、

頭ガンガンガンガンぶつけて、、、

たぶん脳梗塞だと思う。脳挫傷か?

息苦しくなっちゃって、外傷とか関係なく、なんか呼吸困難になって。
そしたら1枚1枚ぬぎたくなるっていうの?
裸になっても暑い。そう暑いんだよね!

すっごい暑くなったとき、

でもね、死ぬ間際ってそこで死んだわけじゃなくて、1回救急車で運ばれて。

家族がいて。

そのなんていうのかな一番最後に、何かをつかもうと思って、なんか苦しくなっちゃって。
何か掴もうと思ってたらしーちゃん(奥さん)の頭をたたいちゃったの。

 

で「あーごめん」って言ったのが最後だったの。

で、本当は「ありがとう」って言いたかったの。

 

ありがとうって言いたかったのに、ごめんって言っちゃって、ああ、なんでごめんって言っちゃったんだろうか、って。

意外と(最期は)そういうもん。

 

この世の中はー、とか、

そんなの!そんなかっこよくない美化しすぎ。尾崎豊を。

あーもーお父さんに怒られる、どうしよう
あーどしよどーしよ、服着なくちゃ、服着なくちゃ

って

 

矢部:本物の尾崎も周りに作られたところあんねん

慶:そう!(ほんとうにその通り)どうもありがとう!

 

比較してみると

文藝春秋の記事とかぶるところが多いですよね!

 

アラフォーまめ
記事を読んだんじゃない?

 

確かに。

ニュアンスが一緒のところが多かったですが・・・・

 


 

アラフォーまめ
こっわ・・・

 

スポンサーリンク

みんなの声

 

賛否両論です!!

 

賛の声

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

否の声

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

アラフォーまめ
冒とく・・・

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ミラクル姉さんの発言

いたこ人生の始まり

 

  • 自分の事を言う時は『僕』
  • 尾崎として話しているときは『俺』
死の真相を話すときの慶くんが、『俺』を自然と使っている事に驚きました。

 

アラフォーまめ
まさにイタコ・・・ ?

 

昭和の後期。

尾崎豊はカリスマでした。

さらにそんなカリスマが

謎の不審死を遂げてしまった事で、伝説へと昇華しました。

 

そして
  • 生きていた意味
  • 死んでいった意味
尾崎ファンは当然つきつけられました。

 

でも。

今日、慶くんが発していた

 

この世の中はー、とか、

そんなの!そんなかっこよくない美化しすぎ。尾崎豊を。

あーもーお父さんに怒られる、どうしよう、あーどしよどーしよ、

服着なくちゃ、服着なくちゃ

そんなもん。

 


 

わかってくれて、ありがとう

 

この部分には妙に納得してしまい

アラフォーまめ
本当に慶くんには尾崎が『勘』ではなく、憑依しておりているんじゃないの??

と思ってしまいました。。。

 

でも

話の全体としては半信半疑でした。

びる
これは賛否くるな・・・

 

あ、

尾崎が降りてくる前好きだった、

松田優作さん、GAKTOさんによせているに気づいてもらえない

のくだりは笑ってしまいました

 

 

アラフォーまめ
うう。。。尾崎ファンにはまた議論を巻き起こす回となったわ・・・

 

尾崎さんにマネジメントをされているという慶くん

またどこかで近々みかけそうですね!

 

んじゃまたね^^


 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 庶民アラフォーまめちねっと , 2019 All Rights Reserved.