芸能

窪塚の息子愛流(あいる)映画デビュー。演技力や感想、親子共演あり?

こんにちはアラフォーまめです

空飛んだ俳優と言えば?

びる
窪塚洋介(くぼづかようすけ)!アイキャンフラーイ!

 

アラフォーまめ
不謹慎ですみません・・・

 

今回、

窪塚愛流(あいる)くんをご紹介するにあたり、

父である窪塚洋介さんと、ある事件

をおさえておく必要があります。

 


本名:窪塚洋介(くぼづかようすけ)

生年月日:1979年5月7日
出生地:神奈川県横須賀市
身長:177cm
体重:55キロ
血液型:O型

職業:俳優・ラッパー

転落事故:2004年6月 マンションから転落し、重症を負う

にゃん
マ、マンション転落??

 

マンション転落事故

育児休業中の、2004年6月6日の午後12時10分頃、神奈川県横須賀市の自宅マンション9階(高さ約26m)から転落した。

 

その際、建物から約9m離れたフェンスに衝突したが地面が芝生だったため、頭蓋骨の開放性骨折など深刻な傷を負ったものの命に別状はなかった

 

この事件の真相については諸説あるが、本人はその時の記憶が全くないと話している

自殺説については、「これまで生きてきた中で、自分は死にたいと思ったことはない」と否定している。

卍LINE名義の楽曲「IKIRO」でこの転落事故について歌っている。

wikipediaより引用

 

卍LINE:「IKIRO」


アラフォーまめ
記憶がないって・・・

落ちた衝撃で忘れたのかよくわかりませんが

ベランダから窪塚さんがいたリビングは距離があったそうです。

 

したがって、

自分でベランダ側に行かない限り、

落ちることはまず、考えられなかったため、
  • 自殺説
  • 薬説。
当時さまざまな憶測がとびかいました

 

アラフォーまめ
私も不思議だったもん・・

 

本当なら、あの事件のとき、

この世界からいなくなっていたかもしれない窪塚洋介さん

奇跡の生還を果たして、今、自分の息子が映画デビューをした

びる
感無量・・・

 

そんな、

2度目の人生を生きている窪塚洋介さんと愛妻ピンキーさんのもと

愛情たっぷりの環境で育てられた窪塚愛流(あいる)くん。

 

まずはどんなお顔で、どれくらい父親と似ているのか?

からお伝えしてみたいと思います^^

 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="3273124662"
data-ad-format="link"
data-full-width-responsive="true">


 

窪塚愛流(あいる)くんとは?

 


 
View this post on Instagram
 

My son is staying other place.

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿 –



 

アラフォーまめ
目元が似てる・・・

 


 
View this post on Instagram
 

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿



こちらが、10代のころの窪塚洋介さん。

愛流(あいる)くんと、やっぱり似ていますね^^

 

 

今回、14歳にてなんと映画デビュー

身長は173cm!

なのに、主人公の子供時代という、結構大事な役柄。

 

びる
でかい子供だねえ・・

 

どんな映画なのか、演技はどうだったのか

詳しくみていきます

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


愛流(あいる)くんのがデビューした作品は「泣き虫しょったんの奇跡」

 

泣き虫しょったんの奇跡とは


プロ棋士・瀬川の自伝的小説を「青い春」を映画化

 

「26歳の誕生日までに四段へ昇段できなければ退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定により、一度夢を絶たれた主人公・晶司が、周囲に支えられながら再びプロ棋士を目指すさまが描かれる。

 


主人公:松田龍平(まつだりゅうへい)さんの子供時代を演じました。

 

アラフォーまめ
結構重要な役なのね・・・

 

愛流(あいる)くんの演技力

 

オーディションでこの役を勝ち取っただけに、

演技力は

豊田監督は「堂々としていた」と称賛した。

2018年9月8日舞台挨拶にて

アラフォーまめ
監督のお墨付き!

 

本人いわく

「生まれて初めて映画の撮影をするんで、上手く演技ができるか不安だったんですけど、自分なりに精いっぱいやろうと思いました」

「でも、難しかったです。泣くシーンとか」

2018年9月8日舞台挨拶

 

アラフォーまめ
中学生らしいコメントね!

 

子役として小さいころから演技していれば別だろうけど、

なかなか14歳の中学生に『泣き』の演技というのは

やっぱり難しいですよね!

 

でも、

アラフォーまめ
お父さんから演技教わったりしてたのかな??

 

窪塚洋介さんが演技指導をしたかどうかは定かではありませんが

 


 
View this post on Instagram
 

Airu will debut with this Toyoda’s film.

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿 –


インスタグラムで息子さんのデビューを紹介しているくらいなので

きっと、

俳優デビューすることについて応援していたのでしょう。

アラフォーまめ
遺伝子遺伝子♪

 

愛流(あいる)くんの演技をみた感想

 

ネットでの反応は

学生時代のしょったん どっかで見たことあると思った。

 

足の長さがあり得ない中学生時代だった。後で調べたら窪塚の息子だった。

 

淡々とした中にほのぼのとした雰囲気があって印象深い

 

清々しくてとても良かった

 

 

幼なじみのお隣さんとのシーンで、映画「ピンポン」を思い出した。

 

『窪塚洋介さんを思い出した』という、容姿に関するものが多かったです。

 

びる
2世タレントのあるある・・・

 

ここから彼がどれくらい演技の伸びしろがあるのか楽しみですね!

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


今後の親子共演の可能性

 

父親・窪塚洋介は今なにしてる?

ドラマで活躍していた頃は省きますね^^

その、大活躍中だった

「池袋ウエストゲートパーク」のあたりからさかのぼってみました。


1995年 デビュー

2000年 池袋ウエストゲートパークが大ヒット

2003年 5月7日 のんちゃんとできちゃった婚

2003年 10月愛流(あいる)くん誕生

2004年 6月6日 育児休暇中に、フライ事件

~~~ここから『テレビ』での活動はほとんどなくなる~~~~~~

 

2005年 映画「鳶がクルリと」で俳優復帰

2006年 レゲエDJ・卍LINE(マンジライン)、空水(くうすい)として活動開始

2012年 6月12日 のんちゃんと離婚(←現在の妻PINKYさんの誕生日!略奪不倫)

2015年 12月20日 PINKY(ピンキー)と結婚

2017年 6月20日 二人の娘:あまとちゃんが生まれる

2017年 マーティン・スコセッシ監督作品、「沈黙 サイレンス」でハリウッドデビュー

そして

2018年 9月 息子愛流(あいる)くんが、映画デビュー

 

 

アラフォーまめ

もう、なんというか・・・

順調!


 

びる
ほんと良かった・・・

 

年表だけみると

デキ婚、離婚、略奪・不倫再婚、とか

めっちゃドロドロを想像するんですが

 

元嫁のんちゃん、息子愛流(あいる)くんと現在の嫁ピンキーはさんは

家族ひっくるめて仲も良好。

さらに娘あまとちゃんも生まれて、私生活は順調そのもの。

 

仕事も自身のこだわる『言葉』に関する仕事として、

卍レゲエレーベル立ち上げたり、

俳優業でもきっちりハリウッドで映画デビューも果たしている。

 

そして、2018年6月

 


 
View this post on Instagram
 

I’ve been a long-term big filming in foreign countries. See you next time.

YOSUKE KUBOZUKAさん(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿 –


今度は海外の連続ドラマにも出るそうです

 

窪塚洋介:有り難いことに。まだ詳細は話せないんだけど、海外の連続ドラマの撮影がもうすぐ始まります。撮影のためにしばらくロンドンに行くことになってて。クリミナル・サスペンスなんだけど、ほんとうにいい役なんで演じるのがいまから楽しみ。

HARDESTより引用

 

びる
すごい!!

 

 

日本のテレビドラマで息子との共演は考えらない

 

フライ事件後から、

窪塚さんは日本のテレビドラマ業界とは絶縁状態にあります。

そして

今後も出演する気はないそうです。

その

理由は2つあります

 

1:日本のテレビドラマ業界に愛想をつかした

フジテレビの有名なディレクターが競馬新聞を読みながらモニターチェックしているのを見て、「あ、やめよう」と思った。助監督が「監督、OKですか?」って聞いて、「ああ、OK」って言っても見ていないっていうね。

インタビュアー:吉田豪

 

アラフォーまめ
自分が命をけずって演技している横でこんな態度・・・

 

日本のテレビドラマ業界に未来はない

 

そう悟った窪塚さんは早くから撤退しました。

 

 

びる

確かに・・・

もうドラマってあんまみないよなあ・・・


 

2:窪塚洋介自体がテレビのタブーとなったから

冒頭でもお伝えした通り、
  • 自殺の可能性
  • クスリをやっている可能性
真実はわかりませんが、

あまりにもショッキングな出来事から憶測をよんでしまった

フライ事件。

その後、業界では完全タブーになりました。

 

そのため

CM1つ撮るにしても

過去の話にはふれないように、契約の際もとめられるようになり

だんだん、彼自身、面倒くさくなっていったようす。

 

もともと彼は、

テレビドラマや芸能界というものを

『出稼ぎに行っている職場』

と表現しています。

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


フライ事件の真相

 

転落事故について窪塚さんが後日語っています

窪塚洋介:もう、こうでもしないとほんとうのスタートラインにいつまで経っても立てないだろ、お前は!みたいな。

それまではね、

居心地の悪さを感じながらも、

ある程度は芸能界という世界で自由にやらせてもらってたところもあったんだけどね。

でも

自分の中ではやっぱり

「芸能界という職場に出稼ぎに行っている」って感覚がどうしても消せなかったんだよね。

HADESTより引用

 

さらに

 

あの事故からはマジで笑えない状況だったんだけど、結果としていま自分がいる場所に全部がつながっていたんだと思ったら、あれは必然だったようにも思う。

 

何ていうか…握ってたものが何もかも、自分で落としたのか勝手に落ちてったのか、なくなって。

そしたら新しいものがどんどん入ってくるようになって。

 

ほんとうに必要なもの、ほんとうに欲しかったものが。

HADESTより引用

 

 

アラフォーまめ

とんだことで一皮むけて、

生まれ変わった感じですね


 

 

びる
順調順調!

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


まとめ

 

窪塚親子の場合

海外から父さんのドラマが日本に逆輸入

今後、海外で息子と共映画やドラマ共演がありそう

な感じですね!

 

アラフォーまめ
ありえる~~

 

最後に。

愛流(あいる)くんの名前の由来ですが

アラフォーまめ
愛が流れる??なんかちょおっと不吉・・・

 

と思ったまめでしたが、

実際は

未来の希望を表す英語”I’ll”(I WILL)から名付けたそうです。

アラフォーまめ
良かった!


 

こんな素敵は親子ですもの

大事に名前をつけますよね!

 

ちなみに、

娘のあまとちゃん(漢字は不明)の名前の由来は

今嫁のピンキーと出会ったレゲエ音楽会社のアマトレーベルの名前

つまり

自分の会社の名前

だそうです!


窪塚洋介インスタグラムより

アラフォーまめ
か、かわい~~!

 

子供達、めっちゃ愛されてますね!

仲良し家族ばんざい!

 

 

子どもども、今後の俳優業の発展をお祈りします

 

んじゃまたね^^

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
アバター
アラフォーまめ
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^