芸能

高橋祐也4度目の逮捕で三田佳子ついに見放す。親の責任は?謝罪は?

こんにちはアラフォーまめです

なんと

三田佳子さんの次男

橋祐也さん(38歳)が

覚せい剤使用の罪で、4度目の逮捕をされました。

アラフォーまめ
4度目・・・

 

親としては

もう、ほんとうにつらい事ですよね。

 

どのような経緯で捕まったのか、

また、

親である三田佳子さんの謝罪はあるのか

みていきます


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="3273124662"
data-ad-format="link"
data-full-width-responsive="true">

高橋祐也4度目の逮捕

 

逮捕されたのは女優の三田佳子さんの次男、高橋祐也容疑者(38)で、先月下旬から今月10日までに東京・渋谷区で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、飲食店から「客がトラブルになっている」と通報があり、警察官が不審な様子だった高橋容疑者を調べたところ、尿から覚醒剤の陽性反応が出たということです。

YAHOOnewsより引用

 

 

アラフォーまめ

警察よばれるくらいだから

よっぽど普通と違うようにみえたんだろうね・・・


 

覚せい剤は人格をかえます

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


ずっと謝り続ける三田佳子さん

 

三田佳子と高橋裕也

三田佳子(みたよしこ)さん

1941年10月8日大阪府生まれ(現在74歳)女優。

1960年映画デビュー。

以後、

日本映画全盛期を代表するスター女優のひとりとして、

東映在籍中60本以上の作品に出演。

1967年、独立。

日本アカデミー賞最優秀主演女優賞・ブルーリボン賞・田中絹代賞・芸術祭賞等賞歴多数。

 

大物女優さんの息子さんの事件といえば

まっさきに三田佳子さんを思い出します。

それは・・・

三田佳子さんの次男、高橋祐也、過去3度にわたる逮捕

  1. 1998年1月、友人と地下室で覚せい剤を吸引しようとしていた。覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕。その後、保護観察処分を受ける。
  2. 20歳だった2000年10月には、再び同じ地下室で覚せい剤乱用パーティーを開いたとして、同容疑で逮捕され、懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受ける。
  3. 2007年、港区芝の路上で覚醒剤0・2グラムをズボンのポケットに所持。駆けつけた警視庁三田署員によって発見。トイレ内でアルミホイルとライターを使って、覚醒剤をあぶって吸引していた。懲役1年6ヶ月の実刑となる。

 

なんと過去、3度も覚せい剤で逮捕されているからです

 

この逮捕のせいで

母である三田佳子さんは、

しばらく活動休止を余儀なくされ、

芸能界復帰も危ぶまれました。

(現在は徐々に復帰していました)

 

そして

今回4度目の覚せい剤使用での逮捕となりました

 

びる
デジャブかと思った・・・

 

アラフォーまめ
ほんと、親不幸・・・

 

3度捕まったあとの高橋祐也さん

  • 2009年6月25日、仮釈放。リハビリセンター「琉球ガイア」に入所
  • 2010年2月2日、26歳の一般女性と結婚。男児をもうける。
  • 2011年3月、映画プロデューサー、ブランド品の販売などを行う
  • ブログ更新は2011年3月で止まっている
  • 有名女優と不倫騒動
  • 2018年8月 不倫相手への暴行疑惑

 

多少のトラブルが継続してあり

いつ逮捕されてもおかしくない状況のように思えました。

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


三田佳子さんは過去の謝罪で世間から大バッシングをうけた

 

三田佳子さんの記者会見において、
  • 「母が女優ということで未成年である息子の事件が報道されて可哀想」
  • 「次男のこづかいは月50万円」などと、
普通の高校生とはかけ離れた私生活が明らかになり、

あまやかした子育てを露呈させて世間から猛烈な批判を受けました。

 

この後、

7社あったCMをすべて降板し、

女優活動を10ヶ月自粛しました。

 

その後、

復帰するも影響は続き。

2014年には三田佳子さん死亡説までとびだす始末・・・。(ご存命です!)

 

ですが

ドラマ女優という表舞台からはすっかり消えた感じでした。

 

その後

なんとか復帰を目指す三田さんはバラエティで頑張り続けます。
  • 2016.7.28 「ダウンタウンDX」に出演
  • 2016.8.2  「踊る!さんま御殿!!」に出演
 

そして。

今回4度目の逮捕をうけて、三田さんは

親としてもう力及ばず

と本音をあかしました

 

 

アラフォーまめ

やっと復活してきたのに・・・

もうがっかりよね。。。


 

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


高畑淳子さんと三田佳子さんの共通点と、さんまさんの違い

 

2世タレントの不祥事、

といえば、

高畑淳子さんの息子で、俳優だった高畑裕太さん。

強姦致傷で逮捕され、芸能界から追放されています。

 

二人の大物女優の共通点を考えてみます。

 

 
  • 三田佳子さん:大女優 忙しい お金たっぷりある
  • 高畑淳子さん:中堅女優 片親 忙しい お金そこそこある
 


そしてなんと言っても。

 


お二人とも息子さんをものすっごく愛している

アラフォーまめ
普通のことじゃない・・?

 

ですよね!

 

お子さんを持つ日々お忙しいアラフォーさんは、きっと、よくお分かりになりと思います。

 

  • 忙しいから→会えない分、溺愛する
  • さみしい思いをさせているから→好きな事をさせる
 

三田さんの息子祐也容疑者は

アルバイトをさせず、月々50万円のおこづかいをもらっていた

 

これは三田さんが『遊行費』を稼ぐためのアルバイトならしなくてよい

自分がおこづかいをあげる

と、良かれと思ってした行動でした。

 

結果、
  • 子供は自分で稼ぐことの大変さ
  • 自分で考えて人生を作っていくことの難しさ
 

その場が楽しければよい。

お金はいくらでもある

そんな、自己成長のない人生を歩むことになりました。

 

 

そして

『子離れ』『親離れ』できぬまま、かっこだけ成人になる。

 

今回の4度目の逮捕は

中身が子供のまま育ってしまった結果かもしれません。

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">



親の七光りの苦悩


 


2世タレントと呼ばれる人たちは『親の七光り』に苦悩する人も少なくありません。

 

親が凄すぎて、どこにいってもチヤホヤ(本人の実力ではないのに)。

 

親の名前で人生がきめられていく不条理。

どの2世タレントの方も悩む通過点だそうです。

 


さんまさんと大竹しのぶさんの娘、IMALUさん

『中学卒業後、高校生になり、カナダ留学をして、初めて親の名前を感じずノビノビと生活できた』(しくじり先生より引用)


と言っています。


 

彼女は物心ついた時からずーっと偉大な両親の名前をバックに生きてきた。

でも、ある時、

親の名前も何もない『素』の自分で勝負した事で成長できた。

 

特にさんまさんは。

IMALUさんが2歳の時に離婚をされています。

 

しかし。

大竹しのぶさんとの離婚後も、

きちんと適切な家族としての距離を保ち、

お誕生日会など節目に必ず顔を出す父親の役割をきっちり果たしていたとのこと。

 

しかし。

IMALUさんが何か欲しいものをおねだりしても、

絶対に買ってあげなかったそうです

 

普通なら離婚してなかなか会えない娘がおねだりしたら、きっと買ってしまいますよね。

 

でも。

 

娘に今、本当に必要なものなのか?考えて買い与えなかった。

 

親と子

という関係だけでなく

一人の人間と人間

で、向き合った結果なのでしょうね。

 

 

アラフォーまめ

生まれただけで

まるもうけ

が好きだなあ・・・


 

 

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">



みんなの声

 
名無しさん
1日前
役者修行も役にはただず、38歳にして今だに親を泣かせてるとはな。
名無しさん
1日前
無差別殺人・通り魔
他人に危害を加えてからでは遅い。
名無しさん
1日前
更生は無理だと思う
名無しさん
1日前
甘やかして育てた結果。
名無しさん
1日前
一生更正施設にでも入らないと覚醒剤からの離脱は無理そう
名無しさん
1日前
未だにおこずかい渡してたのかな。
名無しさん
1日前
母の女優生命を潰して
財産も潰して
泣かせて
育て方が悪かったと言えばそれまでかも知れんが38歳にもなって常識知らずだったらもう本人の問題以外何者でもないな
名無しさん
1日前
子供はお小遣いが少ないと隣の芝生をみては嘆く。が、与えすぎる親を見て親はまた、どうか?と思う。
でも、ここまで来ると親が不憫だなとも思う。
この年の覚醒剤はもう自分の責任。親もいい加減放って置けばいい。
名無しさん
1日前
薬物が合法な国に住んだらいいのに。恵まれた家に生まれ、容姿も悪くなく、その気になればいくらでもいろんなチャンスがあった人生だっただろうに……。イージーモードのはずの人生、どうしてここまで転落してしまうのか?
育て方うんぬんという方もいますが、お兄様の方は地味ながらも俳優・声優として頑張っていらっしゃる。本人の問題だと思うな。
名無しさん
1日前
薬物に対する刑が甘すぎる。
他の方も書いてますが、幻覚や幻聴で他人に危害を加え殺人事件を起こしてからでは遅いのです。
中国やシンガポールのように、厳しい罰則で臨むべき。
名無しさん
1日前
こんなに同じ罪で捕まってるのに
なんで、戻ってくるのだろう??
施設なり病院なりにいれないと
他者まで巻き込んでなにかを起こしてからでは遅いと思うのだが
名無しさん
1日前
罰が軽いよ。
初犯から実刑にしないと。
1回ならOKと思ってるから薬物依存症になるヤツがいなくならないんじゃないの。他人に危害を加えられてからでは遅い。薬物関連の法律を厳罰化すべき。
名無しさん
1日前
どこかの施設に入れるべき。自分の身がどうなってもこれこそ自己責任ですが、他人に害を与える可能性が高いのは辞めて欲しい。
名無しさん
1日前
やはり薬物依存は脱却が難しいですね。有名芸能人を母に持たなければ報道されることもなかったわけですがこれは仕方ないです。更生への道は険しそうですが1人の人間としてまともになってほしいですね
名無しさん
1日前
どこかの無人島で開墾でもやってたほうが幸せだと思う。
名無しさん
1日前
どんな母親も息子をだめにしようと思う母親はいない。
覚せい剤は、頑張っても、中毒性が強いので、覚せい剤の無いところで暮らすしかない。彼の場合、中毒だということと、顔が知られ、金を持ってくるから、売人の餌食になってしまう。三田さんも、途方にくれているだろう!原因も自分だということが十分にわかっているから、また、孫のために苦悩の日々だと思う。
名無しさん
1日前
薬物に一度手を出したら、もう抜け出せない。
警察に徹底的にマークされるし、周りからも人が離れてゆく。
寂しくなって、かなりの確率でまた手を出す。
一度手を出した方は、地を這いずり回って下さい。
ああ、薬物には絶対手を出しちゃいかん!と
それを見た皆が思う。
あなたたちが世の中の役に立つのはそれだけしかない。
名無しさん
1日前
覚せい剤依存症は意思の力云々で解決できるもんだいじゃないから
経済力あるなら息子を更生施設に入れたままにした方がいいよ
体験談だと何年か我慢できても次に手を出すのはいとも簡単だと言うから
息子を廃人にしたくないならそろそろきちんと考えるべきコメントを読んでると「覚醒剤」の怖さがわかっていない人がいるので、念のため書きます。
ドラマのように「覚醒剤」から「離脱」できるのは常習性のない初期段階だけです。常習性が出てしまうと脳組織が破壊されてしまうので、いろんな体の症状、幻覚に悩まされ始め、また覚醒剤を使用しないといけない悪循環が怖いのです。ですから間違っても「覚醒剤」は使用していけないです。誰かのコメントにもありますが、認知障害を発した高齢者同様に、施設に隔離するほか方法はないと思っています。
三田さんは可哀そうですが、次男を施設に入れることを考えた方がいいと思います。
名無しさん
1日前
覚醒剤は今まで楽しかった物や事柄を全て奪い去ってしまう薬。
それは男女共々大抵の人が喜びの極致と思われるセックスでさえ…。
一度覚醒剤を使用して好きな遊びやセックスをしてしまえば最後、覚醒剤無しでは楽しさ、快感のすべてが半減してしまう。
生きる中、息抜きや楽しさや快感が覚醒剤を使用なくては得られないとなればそれをやめられる訳がない。
この気持ちは経験者にしかわからない。
かなりキツい。
じゃあ何故当方はやめられたのか?
私は十数年前の万景峰号に助けられた。
当時、国の政策で万景峰号が日本に入港出来なくなった事で、覚醒剤の値段が5倍になり、一般人では手を出せる代物ではなくなった。
結局は他力本願ではあるが、私はそこでやめる事が出来た。
一流芸能人のご子息。
お金はたんまりありそうですね。
当時もし私にお金があれば、やめられたかどうかは不明です。
名無しさん
1日前
彼を擁護する訳ではないが有名人の息子、結果を出せない自分、まわりの自分に対する視線、クスリから抜け出せない依存性、彼が自分だったとしたらもはや死ぬ事が一番楽な気がする。
清水健太郎さんはよく昔働いていた高級クラブに顔をだしていたがアルコールが常に抜けていないような状態だったのでその時はいつも酔っぱらっていると思っていたがあれは今考えるとずっと依存性状態だったのかなと思う。
あれは恐ろしい病気だと思う。
名無しさん
1日前
一生懸命仕事して、お金にも不自由させる事なく努力しても、子育ては別物です。
結局無関心だったのか?子供としては満たされていなかったのでしょうね。今となっては大人だし、手遅れですが。。
子供を持つ者として、色々考えさせられるなぁ。
名無しさん
1日前
38歳なら今後シミケンの記録を更新しそうだな。
名無しさん
19時間前
容疑者は、大きなダルクの施設でちゃんと更生した方がいいと思う。
そしてこの人、容疑者であると同時に、病気です。はっきり言って患者でもあると思います。
精神科とタッグを組んで更生していかなければならないレベルだと感じた。
よくいうけど、覚せい剤は最初に覚えた快感を一生忘れられないらしい。怖いね。
三田さんの過去の甘やかしが、原因の一部ではあるかも知れないけど
どんな家庭環境に育っても、まともに育つ人は、育つ。
もうアラフォーの息子に、三田さんが責任を取ったり謝ったりする必要はないと思う。
親が責任を取る年代は終わり。ですから、三田佳子さんは、
女優業に集中されればいいと私は思います。
ただ母親として憔悴されている事と推測いたします。
お体壊されませんように。。。
名無しさん
1日前
いい年をしたおっさんの犯す愚行(悪行)に母親の名をいつまでも出してくるマスコミの意図は?小生の経験では自分の考えである期間、「おっさん、おばさん」を経験した人はなかなか自分の考えを心の中から反省することは難しいことを感じています。法に従って罰を与えればよいと思います。本人だけの問題です。
名無しさん
1日前
親は、いくつになってもどんな子供であっても擁護するだろうね。特に甘やかして育てた子供はね。親の方が子離れしてない場合が多いかな。素人が考えた意見だけど、身内がサポートするより離島で専門家の治療受けた方がいいと思う。多分、お金あるだろうから。
名無しさん
1日前
有名人の宿命かも知れないが、もう、三田佳子の次男という報道の仕方はどうなのだろう?本人に判断能力があり、自分の意思で行動出来るなら、もう三田某と本人主体の報道をしましょうよ。38にもなれば、親の言うことなんか聞かないし、総て本人の意思の弱さと自覚の無さが原因で、本人の責任だよ。薬物と知っていながら購入資金を出していたなら責任はあるかもしれないが、本人が自分で勝手に購入し使用したなら、本人が全責任を負うしかないでしょう
名無しさん
1日前
もう親は関係ないのでは?三田さんは三田さんで頑張って欲しい。自粛なんてしなくていいと思います。もう大人なんですから、自分で責任をとれる立場ですから。
薬って怖いなって改めて感じる事件ですね。この事件を大々的に報じて、覚せい剤は一度はまったら止められないってことをみんなに知らして欲しい。

まとめ 三田さんの謝罪はあった、が・・・





今回の事件は。


欲望に勝てなかった彼の弱さ、

幼稚な彼の子供の心にあり、

また、未成熟の彼が成人したその後も、

周囲が成長を促せなかったことに、原因があると考えます。

 

  • 自分自身の心の成長
  • 周囲の影響から得られる成長

この二つが相乗効果となり、初めて、成熟した精神が得られるのです。


 

残念ながら。


三田さんは4度目の謝罪をされました。

 

しかし、謝罪文の中で

 

統合失調症を抱え、精神科に通うなど、本人なりに努力はしてきましたが、このような事態となり残念です。

三田佳子謝罪文より引用

という発言をされています

 

確かに、成人した38歳の男性の犯罪です。

親の責任はもうない、

とも思います。

 

だけど三田さんの発言から

『病気のせい』、

『本人なりに』という言葉のはしに

なにか、

他人ごとな姿がここでも見受けられる気がしました。

 


もちろん

40歳近くにもなって、覚せい剤とむきあえていない


祐也さん本人の甘えが原因でもあります。

この病気は、もう一人で更生するには難しい。

本来なら覚悟をきめて

自ら施設に入り、更生すべきだったはず。

 

そうして三田さんは

覚せい剤を使用しない

という当たり前の行動ができないなら

その病気に相対するため、

親として本気で一緒に病気とむきあう姿勢

が必要だった。

 

謝罪文の一言から疑問が残りました。

 

 

今回の事件をうけて、自分も子供をもつ親として、

親離れ、子離れ、

について一度考えておこうと思いました。

 

んじゃ、またね

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
アバター
アラフォーまめ
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^