Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お悩み解決☆アラフォーに役立つ豆知識サイト

仕事のミスを隠しちゃった。。残念な自分に活!を入れる心理学

2016/11/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^

 

 

アラフォー社会人のみなさま、はりきってお仕事していますか?

はりきって・・・はあ、

最近はめっきり・・・ふう。。。

ですよねえ。

社会人歴○○年。

お仕事の新鮮さも忘れて、次から次へと慣れた業務をこなす毎日。マニュアルは頭に入っていて、もちろんアレンジもきく。困る事もないから、わからない事を人に聞くこともあまりない。

イヤ。

むしろきくと『え~、何年その仕事やってるの~?』と周りに白い眼でみられる。

私もそんなお局アラフォーOLの一人です。

仕事のルーティンワークに浸りきった今日。

ささいな『ミス』をしました。

結果はたぶん大丈夫だろうけど、途中経過にミスがあり、本来はその手順では結果を出してはいけない・・。

つまり、「自分には権限がないのに勝手に判断して決定してしまった」という、ミスです。

たぶん。

よーく確認されなければ、ミスはわからないと思います。ただし、権限がきちんとある人が確認をすれば、なぜ私の段階で結果がでているのか?疑問がわくはずです。

もう、考え始めたら、グルグル。

つじつまあわせて、、で、こっちでは言い訳をこうして、、、でも、ここにもウソついて。。

もんもんもんもん・・・・

 

だあああああああ!限界!

素直に上司の報告して、『なんで一声かけなかったの?次回からは相談してね~結果はあってるからいいけど~(笑)』とさらりと言われて終わり。

ああ、報告してよかった!素直に初めから言っておけばよかった!と、胸をなでおろしました。

でも。。。なんでだろう??

どうせ後々言うのなら、ミス(失敗)を隠そうと思ったのはなぜか?ちょっと考えてみました。

『損失回避』の法則

ある実験をします。

○○駅下車、徒歩60分の場所にコンサート会場があります。

会場へ行くには二つのルートがあります。実験には100名が参加。

50名ずつAとBのルートに分かれて徒歩で会場へ向かってもらいました。

ルートA.時間までに集まれたら1000円さしあげます。

ルートB.時間までに集まれなかったら1000円支払いをお願いします。

さて。

60分後、AとB、どちらの目的地がより多く集まったでしょう?

 

答え:ルートB

これは『損失回避』の法則が働いた結果です。

『損失回避』の法則とは。

人は利益を得ることよりも、損失を回避することのほうを重視する心理が働くということ。

仕事のミスを隠そうとする心理は「ミスした事により人からの評価がさがったり、自分はできるはずなのに、できない、と能力がないことを思いしらされる」つまり、心理的ダメージを回避するためにおこる事なのです。

 

では。

この『損失回避』をしないためにはどうしたらよいか?確認していきましょう。

スポンサーリンク

 

仕事のミスをおそれない気持をもとう

勇気をもってミスしよう!

という事ではないですよ(笑)

ミスをしたからといって『自分はダメな人間だ』と必要以上に自分を追い込むのをやめましょう、という意味です。

『損失回避』をするのは自分に自信がなく、それ以上傷つきたくないから。

人からの評価は結果のつみかさねです。

1つミスをしたから、世界が終わるわけではないんです。

1つミスをしても2成功すればよい。

2つミスすれば3つ成功すればよい。

回数を繰り返し(経験を積む)事で、出来なかった仕事も簡単にできるようになります。

ミスをしなければわからなかったところも十分気を付けて慎重に仕事に取り組めるようになりますし。

だから、ミスはおこっても良いのです。

ミスがおこったり、続く時は必ず理由があります。

本人の手順が問題なのか、周りのプレッシャーのせいなのか・・(危険なクラッシャー上司とは?)

きちんとミスがおこった原因を突き止めて、次回は良い結果にかえればよいのです。

折れない心を作ろう~レジリエンスとは?~

レジリエンス=逆境力・耐久力

「レジリエンス」とは、逆境や困難、強いストレスに直面した時に、竹のようにしなる弾力性、適応力、そしてネガティブな思考を断ち切って次に向かう回復力の事

レジリエンスを鍛えるには。

  1. ネガティブ思考を断ち切る
  2. 逆境や困難、失敗などに直面したら心のトレーニングだと思い客観的に対処する
  3. 時々自分を振り返る
つまり。

前向きに考える事を習慣にすると、結果、心の折れにくいレジリエンスが育ち、仕事のミスだけではなく、あらゆる失敗や困難にたちむかう心を持つことができるようにもなるのです。

心を鍛えて、ミスに打ち勝つ、強い心をもてるといいですよね

ミスはしても良い。大事なのはミスを隠すのではなく、報告、相談、検証し、次に活かすことである。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 庶民アラフォーまめちねっと , 2016 All Rights Reserved.