アラフォー婚活

アラフォーにはアラフォー用の婚活ルールがある THE RULES(ザ ルールズ)

 

THE RULES 理想の男性と結婚するための35の法則
エレン ファイン (著), シェリー シュナイダー (著), Ellen Fein (原著), Sherrie Schneider (原著), 田村 明子 (翻訳)

THE RULES 理想の男性と結婚するための35の法則~婚活女性へおくる伝説の婚活バイブル~

時は1995年。

1993年、バブルがはじけたあと、ようやく世の中に平穏がおとずれようとしていた時代。女子高生はバブル期を彷彿させる、ギャルファッションに身をつつみ、コギャル現象が大流行していた日本(シャネラー・グッチャー・プラダ等)。

アメリカでは一足お先に「恋の法則」を確立させ、幸せな結婚へ導く、婚活バイブル(本)が流行していました。

THE RULES 理想の男性と結婚するための35の法則

ストレートなタイトルですね(笑)

今でこそ『婚活』なんて言葉、あたりまえに言われるようになりましたが。この本が日本にやってきたのは1997年。安室奈美恵さんの『CAN YOU CELEBRATE?』が流行し、ぼんやり幸せな結婚にあこがれる位。この本は流行するにはしましたがバイブルと言われるほどの需要はまだありませんでした。今のように、女性たちが必死に婚活する時代にはまだ遠かったのです。

それが。

就職超氷河期でやっと就職した私たちアラフォー世代は仕事におわれました。自分自身を振り返る事もできず、やっと落ち着きだした2007年頃。

『婚活』という言葉が世にでます

結婚活動(けっこんかつどう)は、結婚するために必要な行動。略称は婚活(こんかつ)。就職活動(就活)に見立てて社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語。

言葉が初めて世に出たのは、『AERA』2007年11月5日号 出典Wikipedia

婚活って何!

結婚するために活動が必要なの!?

好きな人と恋愛をしていけば、結婚ってできるものじゃないの?

当時の私たちはビックリ。

この頃は、結婚なんて。いつでも、どこでも、なんとでもなる、と思っていたからです

その理由は。

上の世代の男性と20代女性が結婚するパターンがあふれていたし、同世代の男性も20代の頃はまだまだいました。20代の頃なら、それこそ結婚は簡単にできた(ようにみえた)のです。

しかし。

仕事や自分のプライベートを充実させてきた30代になった私たちアラサー・アラフォー女性は「あれ?何かおかしくない?」と気づくのです。

そう。

周りに結婚相手として適当な男性がいないことを!!

そりゃそうです。

よく考えてみれば、私たち(昭和50年以降)の世代はベビーブームの終わった、少子化時代。ただでさえ人数が少ない世代なのだからとっとと結婚をしなければ、結婚できないかもしれない、という当たり前の事を30代になって初めて気づくのです。

さて。

それでもいざ結婚にむけて男性を探そうか・・と思っても。

だいたい結婚している(泣)

しかも、同世代の男性陣は20代女性と結婚しているからより人数が減って相手がいない・・・(怒)

かといって、年下男性に手を出そうにも、彼らはまだ社会人なりたてで、とても結婚なんてまだまだ先の未来(哀)

どおすりゃいいんじゃ~~~~~!!

そこで。

もはや2007年には古典となっていた、THE RULES 理想の男性と結婚するための35の法則に女性たちは助けを求めました。

結果。

結婚できる女性、続出!!(ウソみたいな本当の話)

ただし。

正しい使い方をした人に限り、です。

この本に書かれている事をそのまま実践するだけでは、婚活は成功しません。その人にあったように「カスタマイズ」する必要があります

特に注意が必要なのは、私たちアラフォー世代の婚活。このルールズを正しく使わないと、40代から先の人生が変わってしまうのですから。覚悟をもって使う必要があります。

では。

次から、内容をみていきましょう。

スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6239040326885804"
data-ad-slot="9829373669"
data-ad-format="rectangle">


恋の法則 ルールズ一覧

ルールズとは・・・

1.特別な女性になること
2.最初にこちらから話しかけてはいけない(踊りに誘うなど、もってのほか)
3.男性をじろじろ見たり、しゃべりすぎたりしないこと
4.デートの待ち合わせ場所を、お互いの場所の中間地点にしないこと。
デート代は割り勘にしないこと
5.こちらから電話をかけないこと。留守電にメッセージが残っていても、
かけ直すのはごくたまにだけにする
6.電話の会話はこちらから終えること
7.土曜日の夜のデートの申し込みは水曜日で締め切る
8.デートの直前まで、忙しくしていること
9.最初の三回のデートでの、正しい振るまい方
10.そして四回目のデートから、決断のときまでの振るまい方
11.デートはこちらからおひらきにすること
12.誕生日やクリスマスに、ロマンチックな贈り物を
くれないような男性とはつき合うのを辞めなさい
13.彼に会うのは、週に二回まで
14.最初のデートでは軽いキスまで
15.あまり急いでセックスに走ってはダメ
16.彼にあれこれ指図しないこと
17.リーダーシップは彼にとらせる
18.男性が変わるだろうと期待してはいけない
19.あまり急いで打ち解けないこと
20.誠実に、でもミステリアスに
21.個人広告の正しい書き方
22.同棲したり、彼のマンションに自分の荷物を置いたりしないこと
23.不倫はやめておきましょう
24.子供のいる女性に対するアドバイス-家族を紹介するのは時間をかけて
25.ひたすら練習あるのみ!
26.婚約しても、結婚しても、「恋の法則」はやっぱり必要
27.友達や家族にバカにされても、「恋の法則」を守ること
28.女子高生のための法則
29.女子大生のための法則
30.失恋したときの心得
31.セラピストへ法則について相談しないこと
32.法則違反をしないこと
33.法則を守ればあなたの結婚生活は生涯幸せ
34.あなたを愛してくれる人だけを愛しなさい
35.一緒にいて心地よい女性になること

(「THE RULES 」より抜粋)

かなり細かいですよね。

ルールズを実践するにあたり、気を付ける点が3つあります。

まず1つめ:あなたに興味のない男性はあきらめる

効果のある相手:「あなたに女性として強く興味を持っている男性」 「あなたが尽くしすぎて、相手が冷めてしまっている男性」

効果のない相手:「あなたに興味のない男性」 「あなたを『手の届かないところまで離れてしまった』と感じている男性」

(出典:恋愛ユニバーシティ)

という大前提があります。

簡単にいうと、「あなたに興味がない男性はとっととあきらめて、次にいきなさい」というのです。

確かに。

その方が効率的!特にアラフォーさんの場合は落ちるか落ちないかもわからない男性を年月かけておとすより、少しでも自分に興味をもってくれる男性との恋を深めた方が結婚への確率はあがります。

 

 

2つ目:ルールズを基本的に守るが、例外も作る

ルールズをきっちり守っていたら、おかしな女と思われかねません。

なぜなら。

ここは日本。この本は10年前アメリカでうまれた本。

時代も場所も違うのです。ただし、その中でも普遍的な『ルール』は変わる事がありません。

そのため、「ルールズを基本的には守る。しかし時には例外を作る」というスタンスで使用する必要があります。

 

 

最後3つ目:アラフォーさんには除外すべきルールがある

ルールズの中でもアラフォーさんが使ってよいもの、除外べきするものがあります。

それでは。

1つずつルールズの確認・検証をしていきます。お楽しみに♪

それではルールズ1はこちらからどうぞ

ドラマから学ぶルールズ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです!全話検証してみた」も参考になります♪

 

ABOUT ME
アバター
アラフォーまめ
アラフォー39歳で結婚、41歳で双子を出産しました。アラフォー生活ど真ん中で、同じ『庶民アラフォーさん』のお役に立つ記事を更新しています^^